「RENT」

| トラックバック(0)

●ヒラノの演劇徒然草●

人気ミュージカルや大ヒットミュージカルというのは数多くありますが、"特別な"ミュージカル、としか呼びようのない作品、というのはあまりありません。

そして間違いなく『RENT』はその数少ない、"特別な"ミュージカルです。

痛みや焦燥感がヒリヒリと伝わってくる内容やシンプルながら奥深いメッセージ性はもちろん、ジョナサン・ラーソンの死を筆頭に作品にまつわる伝説の数々、そういったもの全部をひっくるめて、"特別"な一作。
だからこそ昨年行われた、その"特別"を背負ったオリジナル・キャストを含むブロードウェイ・キャストの来日公演は、もう本当に素晴らしかったし、私は作品の冒頭、マークの第一声「We begin on Christmas Eve...」から泣きました。

ただそれは『RENT』にまつわる外側の物語を知っているからこそであり、前知識なく素直に物語を観たら、さすがに第一声から胸が詰まることはないだろう、とも思いました。もちろん、周辺情報をひっくるめて『RENT』が愛しい作品であることには間違いないのですが。

そして、『RENT』という作品は、作品の力だけで、感動できる作品でもある。

2008年の東宝製作版『RENT』を観て思ったのは、まさにそこでした。
エリカ・シュミットによる演出は、オリジナルの影を追いかけることはやめ、ジョナサン・ラーソンが作った『RENT』という作品自体が持つ力を信じている。
この公演の直前に、12年のロングランを続けたブロードウェイ公演が幕を閉じたこともあいまって、〈ネクスト・ステージに上がった『RENT』〉という印象を強く受けた公演でした。

さて、そんな東宝製作版『RENT』の再演、先日行われた記者会見からのレポートです。

RENT1_SOL.JPG
↑会見の冒頭、キャスト全員で披露した「Seasons of Love」より。

まずは演出のエリカ・シュミットからのメッセージ。

「RENTは単に家賃を払うか払わないかという話ではありません。
何か暴力的な力によって引き裂かれようとするコミュニティや友情の物語です。
ひとりひとりの心が引き裂かれていくさまを描いた物語です。
苦悩と怒りを叫ぶ若者たちの奥深くロマンティックな物語です。
みなさんはこの秋、これまでの『RENT』にはなかった何かを見、感じることになるでしょう。
今回また東京で素晴らしいカンパニーのみなさんを得て『RENT』の演出ができることを心から嬉しく思います。ラーソンが愛したボヘミアンたちをふたたび抱きしめるのが楽しみでなりません。
何度でも劇場に足を運んで、引き裂かれる感覚を味わっていただければと思います」

福士マークAnisロジャーは「What You Own」を熱唱。
ふたりとも今回から加わる新キャストです。

RENT2.JPG


ミミ役のソニン。スカートが豹柄で、ミミを彷彿とさせます。

「この作品はまず曲がすごく魅力的。あと、ブロードウェイの初演からそうですが、役者やミュージカル俳優というより、アーティストの方がキャスティングされているところが実はすごく魅力を感じています。こなれた芝居というよりも、リアルな感情や表情や思いが出て、個性がいかされる作品。そこに魅力を感じます」と作品の良さを丁寧に語ってくれました。
まさに今回も、演劇界に限らない、色々なバックボーンを持つキャストが集まっています。

RENT3.JPG

こちらも初参加、モーリーン役のキタキマユ

「『Seasons of Love』を友だちの部屋で聴いてすごく感動しました。ちょうど映画化されるタイミングで、映画館に足を運んだら、ありえないくらい大号泣。それから大好きになりました」と『RENT』との出会いを話していました。

RENT4.JPG

前回公演でもコリンズを演じた米倉利紀は「ジョナサン・ラーソンが作ったこのお話は、世界中で上演されていますが、ひとつひとつ、歌う人、演じる人が違うとまた新たなストーリーが生まれてくる。今回は再演という形ではありますが、前回とはまた違った『RENT』がこの素敵なキャストで広げられていければ」とコメント。

囲み取材では、記者からの質問にまったく噛まず、まったく詰まらずに的確に答えていく米倉さんに「台本持ってるんですか!?」「授業みたい!」と共演者たちからの突っ込みが......。
RENT5.JPG

以上、抜粋になってしまいましたが、ニュースに載せきれなかったみなさんのコメントでした。
前回に負けず劣らずフレッシュで個性的なキャストが集った2010年版『RENT』、要チェックです。

@ぴあ「RENT」特集ページはコチラ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/2057

前の記事「フライング稽古を見るチャンス! 」へ

次の記事「劇団、江本純子 vol.10  from 江本純子」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉