舞台『遙かなる時空の中で5 風花記』稽古場レポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

昨日、待望の続編が開幕した舞台『遙かなる時空の中で5 風花記』の稽古場を取材してきました!
haruka_kazahana01_3853.JPG
haruka_kazahana02_3923.JPG
『遙かなる時空の中で』は、コーエーから発売されている人気ゲームシリーズ。
龍神の神子としての宿命を持ったヒロインが、過去のある時代に似た異世界へ跳び、彼女を守る男性キャラクターらとともに、世界の崩壊を食い止めるために戦う和風ファンタジーゲームの傑作です。

作品ごとに、ヒロインが行く"過去のある時代"が異なっているのですが、「5」は幕末~明治維新期(に似た世界)が舞台
『風花記』は、その「5」の続編ですが、続編とはいえパラレルワールド的に、「5」とも少し異なるところもあるため、前作を見ていなくても大丈夫!...です。

が、もちろん「5」と同じキャラクター、そして2014年に舞台化されたときにも出演していた俳優さんも再登場していますので、ファンの方はそこは見どころのひとつですね!


現代と怨霊のはびこる異世界の幕末、ふたつの世界は密接に繋がっており、片方の世界の崩壊は、もうひとつの世界の崩壊を招きます。
現代に生きる女子高生・ゆきは、「5」で様々な試練を乗り越え、彼女を守る"八葉"とも心を通わせ、世界を救ったかと思われましたが...。

現代に戻っても、そこは砂の荒地でした...。
haruka_kazahana03_3927.JPG

世界を救うことができる選ばれし存在"白龍の神子"蓮水ゆき=君島光輝さん
haruka_kazahana05_3912.JPG
君島さんは新キャスト!
ひたむきでまっすぐな思いが伝わる、素敵なゆきになりそうですよ。
殺陣もキレがありました!

小返しで演出を受けている時の素の笑顔はキュート!
haruka_kazahana06_3828.JPG

ゆきと一緒に、現代から異世界へ旅をするのがこのふたり。
haruka_kazahana51_3942.JPG

ゆきの家に引き取られて一緒に育てられた、兄のような存在である桐生瞬=越智友己さん
感情をあまり表に出さない、年上の敬語キャラ!
でも、一緒に育ったゆきを誰よりも大切に思っているのが伝わってきます。
haruka_kazahana09_3908.JPG

そしてゆきのいとこ・八雲都=汐月しゅうさん
男勝りで頼りになるお姉さん的存在を、宝塚出身の汐月さんがカッコよく決めてくれています。
haruka_kazahana58_3855.JPG

同じく現代の人間で、瞬の弟である桐生祟=熊谷魁人さん
明るく元気いっぱいな、可愛い弟キャラの彼が実は...、というところから、『風花記』は始まっていきますので...かなりのキーパーソン。
熊谷さんが、二面性のある役をどう演じるのかも注目。
haruka_kazahana11_3930.JPG


さて、異世界で"白龍の神子"たるゆきを守り、共に戦っていくのが、神子を守護する8人"八葉"。
イケメンが多数登場するのが『遙かなる時空の中で』シリーズの魅力でもあります。

坂本龍馬=塩口量平さん
言わずとしれた、幕末の偉人・龍馬。日本人が共通して持つであろう龍馬のパブリックイメージにぴったりな、人懐っこく明るくおおらかな空気を、塩口さんは稽古場からすでに醸し出しています。
haruka_kazahana52_3978.JPG

天狗党の少年チナミ=河原田巧也さん
最年少なれど熱く、一本気なチナミの横顔が垣間見れました!
haruka_kazahana14_3848.JPG


沖田総司=秋葉友佑さん
新撰組の天才剣士ですが、この作品の総司は個人の感情を殺しているかのような佇まいが印象的。
haruka_kazahana15_3974.JPG


小松帯刀=吉田龍介さん
帯刀は薩摩藩の若き家老です。吉田さんの落ち着いた物腰から、帯刀のキレ者感が伝わってきます。
haruka_kazahana16_3796.JPG


福地桜智=伊万里有さん
「夢の屋」と呼ばれる情報屋。
なのですが、ちょっとコメディ・リリーフ的な側面も...!?
伊万里さんの飄々とした存在感、光ってました!
haruka_kazahana17_3891.JPG


アーネスト・サトウ=冨森ジャスティンさん
イギリスの外交官兼通訳。有能な人ゆえの物腰の柔らかさ、大人っぽさが魅力。
haruka_kazahana18_3995.JPG


高杉晋作=仲田博喜さん
仲田さんの高杉は、傍観者っぽいクールな視線が印象に残りそうな予感...。
haruka_kazahana53_3980.JPG
こちらに、瞬を加えた8人が八葉です!
ゲームでは種類の違うカッコよさに目移りしてしまう八葉の面々。
この舞台でもそれぞれのキャラクターらしさを出しつつも、幕末(に似た世界)らしき骨太さを俳優たちが醸し出していて、見応えのある競演になりそう!!



さて、八葉以外の重要人物は...。
リンドウ=山川宗一郎さん
リンドウは最初、ふつうの女の子であるゆきが"白龍の神子"であることに納得できないそぶりを見せています。
それを冷たさではなく、多面的に物事をみる冷静さとして見せる山川さん。
haruka_kazahana22_3882.JPG

小栗忠慶=太田裕二さん
haruka_kazahana23_3787.JPG

土方歳三=小島祐輔さん
haruka_kazahana24_3837.JPG

勝 海舟=中神一保さん
haruka_kazahana25_3958.JPG
勝さんは狂言回し的に、物語の世界観を解説するシーンも。
一緒にいる"犬吉"との掛け合いが絶妙で楽しい!

ふたりの掛け合いを見ている皆さんもこの笑顔です。
haruka_kazahana23_3844.JPG


脚本・演出はInnocent Sphereの西森英行さん、演出は大岩美智子さん
「歴史ファンタジー」といった世界観も得意とする西森さんらしい、ゲームの世界観を大切にしながらも演劇的見どころもあるものになりそうです。
haruka_kazahana57_3827.JPG

印象的だったのは、何度か西森さんが口にしていた「ルールを決めよう」という言葉。
例えば、"龍の宝玉"が光り、八葉を選ぶのですが、
「"宝玉"が飛び込んだ身体全体が光るのか、飛び込んだ身体の部分が光るのか。どっちが演劇的だろう。そこはみんなの間でルールを決めちゃって、統一しよう(それによってリアクションの仕方を変える)」
...といった風に、ゲームを三次元化するにあたり、どう見せると演劇的にわかりやすいかをみなさんの共通認識にしていくんですね。

ほか、ゆきが持っている剣はどの部分が切れるのか(刃があるのか、フェンシングの剣のように突き刺すものなのか)などの確認があったり。

そうやって、ひとつひとつ、作業が積み上げられていきます。

そして、舞台版の大きな見どころになりそうなのは殺陣シーン
激しい殺陣シーンを、皆さん汗だくで熱演中。
女性陣含め、皆さんキレがいい!
ゲームでおなじみ、変わった形の武器も登場します。
haruka_kazahana33_3817.JPG
haruka_kazahana34_3863.JPGharuka_kazahana39_3831.JPGharuka_kazahana35_3989.JPGharuka_kazahana36_3999.JPGharuka_kazahana55_3822.JPGharuka_kazahana38_3985.JPG
西森さんの演出は、世界の崩壊に直面したゆきの心情も丁寧になぞり、また危険な目にあわせるとわかりつつも、彼女の戦いを止めることはできない瞬や都の内面も深く掘り下げていきます。
haruka_kazahana51_3879.JPG

上演を重ねている『遙かなる時空の中で』の舞台版ですが、今回はより骨太になった脚本に、ゲームの世界を演劇的な見せ方で描きだし、さらにいっそう、見応えのあるものになりそうです!

さて、そんな熱い稽古を重ねているキャストの方に、少しお話を伺いました!
代表して現代の住人のこちらの4名の方のご登場です。

◆ CAST INTERVIEW ◆

haruka_kazahana61.jpg
●君島光輝さん

――お稽古場を拝見させて頂きましたが、アクションも激しく大変そうなお稽古でした。実際いま、稽古に挑んでいる率直なお気持ちを聞かせてください。

「アクションもあり、さらには芝居で受信発信を常にしている状態をキープしているので、あらゆる集中力を使ってる!という感じです(笑)」


――演じる「蓮水ゆき」という役は、どういった役どころですか?また、演じる上でどういった点を大切にしていらっしゃいますか?

「ゆきはとっても繊細で儚くて。だけど、すごく強い芯の持ち主。正反対とまでは行かなくとも私には無い部分をたくさん持っているのでゆきとしての感覚を第一に大切にするよう気を付けています」


――イケメンキャラクターがたくさん出てくる作品です! 君島さんご自身のお気に入りのキャラクターと、そのポイントを教えてください。

「福地桜智さんが好きです!! まずは見た目がすごく綺麗で素敵なことと、桜智さんほど薔薇が似合う男性ってきっと世の中には居ないんじゃないかなぁ。と」


――最後に読者にメッセージをお願いします!

「初めましてのみなさま、そしていつも応援してくださるみなさま。読んでいただきありがとうございます! 今回、わたし自身2.5次元の舞台には初めて挑戦するのでドキドキとワクワクを抱えながらも日々蓮水ゆきちゃんと向き合える毎日が幸せです。この幸せを今度は作品を観てくださったみなさまに感じていただけるよう、精一杯演じますので、楽しみにしていてください!!」


●越智友己さん

――稽古に臨んでいる今のお気持ちを聞かせてください。

「今回は殺陣が盛りだくさんなのですが、その中の一瞬一瞬にもキャラクター同士の関係性や気持ちなどが見える場面がたくさんあるので目を離さないで見て欲しいです!」


――演じる「桐生 瞬」という役は、どういった役どころですか?また、演じる上でどういった点を大切にしていらっしゃいますか?

「瞬はクールで無口なキャラなのですが、心の内にあるゆきへの思いは人一倍あると思うので、その気持ちが皆様にも届けられるように演じられたらと思います」


――前回に引き続きのご出演ですが、現代組も新しい顔ぶれになっています。越智さんから見て、今回の4人組はいかがですか?

「新鮮な気持ちで僕も瞬を演じられていますし、この4人で現代組ならではの空気を出していきたいなという思いでいっぱいです! 個人個人で見ても役に似てる面もあるなぁと感じています。ゆき役の君島光輝ちゃんはゆきみたいに真っ直ぐで稽古場でも座長として僕達を引っ張ってくれていますし、都役の汐月しゅうさんは都らしくかっこいいし、いつもお姉さんとして頼っています! 弟の祟役の魁人は、弟っぽさがありみんなに可愛がられています。皆さんにこの現代組の独特の空気というのも味わってもらいたいなと思っています!」


――最後に読者にメッセージをお願いします!

「まさにこの『遙か5 風花記』の作品のように、みんなが一致団結して、ひとつの目標に向かって日々頑張っています!その集大成を皆様にも最高の形で見てもらえるように今後も頑張ってまいりますので応援のほどよろしくお願いします!」


●汐月しゅうさん

――稽古に臨んでいる今のお気持ちを聞かせてください。

「こんなに殺陣に入れてもらえると思ってなかったです。始まる前から、男性陣に負けたくないという気持ちは強かったので、うれしいですが! (動きが)ついたばかりのときは手におわれる事も多かったので、役や芝居と切り離さずに楽しんでいただけるように、というのが課題です」


――演じる「八雲 都」という役は、どういった役どころですか? また、演じる上でどういった点を大切にしていらっしゃいますか?

「主人公の従姉妹で幼馴染みで、さらに対存在の"黒龍の神子"です。ゆきにとって側にいる唯一の女の子なのに、優しさがあまり女性的でないというか、「ゆきはこうだよな!」ってなんかダイナミックです(笑)。そんな都ちゃんを包みこんでくれるゆきだからこそ、世界のすべてであり生きる意味になってるのかなと。物語のなかではツッコミ役というか、怒ってる場面も多いので、がさつに見えないようには気を付けたいです」


――イケメンキャラクターがたくさん出てくる作品です! 汐月さんご自身のお気に入りのキャラクターと、そのポイントを教えてください。

「八葉では桜智がダントツかわいいですね。ゲームでも唯一泣きまくりました。恋愛したいというよりゆきを追いかける桜智を眺めていたいです。でも役目線でなくともゆきがかわいいです(笑)。肩関節とか二の腕のとこらへんとか好き」


――最後に読者にメッセージをお願いします!

「ただ、かっこいいキャラクターにきゅんとするだけじゃなく、ひとつのエンターテイメントとしてみなさまの心を打つ舞台をお届けできるように、がんばります!」


●熊谷魁人さん

――稽古に臨んでいる今のお気持ちを聞かせてください。

「みんなとお芝居ができるのが、ただただ楽しいです(笑)。このカンパニーは、役者が芝居を作るのにとてもいい環境の稽古場だと僕は思います。僕の演じる祟くんは現代組、特にお姉ちゃん(ゆき)との絡みが多く、八葉のメンバーやリンドウとの絡みが少ないのですが、絡みが少なくてもお互い芝居を見合ったり、あとは役者同士で意思疎通をしっかりとるという当たり前のことが自然とできていて、いい稽古場だなぁと感じます」


――演じる「桐生祟」という役は、どういった役どころですか? また、演じる上でどういった点を大切にしていらっしゃいますか?

「祟くんは14歳という若さで耐え切れないほどの運命を背負っている子です。なので、「いいんだよ祟くん。ひとりで全てを背負い込まないで」と言いたくなります。祟くんの運命を僕も一緒に背負って舞台で戦うことを大切にしています」


――二面性のある役どころだと思いますが、演じる上で気をつけていらっしゃることは何ですか?

「普段は元気いっぱいで可愛い祟くんですが、心の内に秘めているものは強大なもので...。彼のスイッチが変わる時はとくにですが、緩急をつけて表と裏を演じるよう心掛けています」


――最後に読者にメッセージをお願いします!

「みんな自分の役と向き合い、毎日四苦八苦しながらお芝居を作っています! 演技もそうですが、殺陣も迫力があるものになっているので、このカンパニーでしか味わえない舞台をぜひ、観ていただきたいです」


取材・文・撮影:平野祥恵(ぴあ)

【公演情報】
・8月11日(木)~21日(日) 全労済ホール スペース・ゼロ

チケット情報はこちら


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8439

前の記事「【連載企画③】「イヌの日」稽古場座談会~第二弾~」へ

次の記事「舞台 「遙かなる時空の中で5 風花記」、華麗に幕開け」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉