『Tribes トライブス』開幕! 田中圭&中嶋朋子よりコメント到着

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

1月13日、世田谷パブリックシアター企画制作『Tribes トライブス』が新国立劇場 小劇場にて開幕しました。
イギリスの女性劇作家ニーナ・レインが書いた戯曲で2010年にロンドン初演、その後オフ・ブロードウェイのほか世界各地の劇場で上演され、ローレンス・オリヴィエ賞最優秀新作演劇作品賞にノミネートされるなど高い評価を得た作品です。
tribes14011301.JPG
tribes14011302.JPG
注目の日本初演となる今回は、2010年の「おそるべき親たち」で一気に演劇界の注目を集めた気鋭の演出家・熊林弘高が演出を担当、田中圭中嶋朋子ら、華と実力を兼ね備えた充実のキャストが出演。
熊林演出は、暗闇に灯る明かりが象徴するかのように、不器用な登場人物たちの抑圧された感情を、美しくも隠すことなく浮かび上がらせ、障害のある人が抱える悩み、それに対応しようとする人々の戸惑いなど、演劇の枠にとどまらない社会的な問題を投げかけると同時に、人間同士が本当の意味で分かりあえるコミュニケーションはありえるのか?という普遍的な問題に、刺激的に迫ります。


●ものがたり●
耳の不自由な末子ビリー(田中圭)が、初めてできた魅力的な彼女シルビア(中嶋朋子)―その彼女も実は耳が不自由だった―を家族に紹介することをきっかけに、家族間に不協和音のさざ波が立ち始めます。家族間におこる精神的な躓きから、果てにはビリーの兄まで「言葉」をうまく発することができなくなっていきます。「言葉」という現象をひとつのカギにして、親しかったはずの人たちのコミュニケーションの危うさが、繊細なセリフと表現(手話)で描き出されていく刺激的な一作です。

tribes14011303.JPG
tribes14011304.JPG

1月13日に初日公演を終えた田中圭さん、中嶋朋子さんからメッセージが届きました!


田中圭
「楽しかった。疲れた。...今はただ心地良い疲労感です。不安でしたが、観に来てくれた方が、すごく感激して"ほんとに来られて良かった!"と言ってくださった。そういう舞台もなかなか無いので、がんばりたいと思います」


中嶋朋子
「とても密度の濃い時間を経て育ててきた舞台なので、やっと幕が開いたなという気持ちです。この舞台はすごく"生き物"なので、これからどんな風に息をしていくのかを楽しみに、日々舞台に立ちたいと思います」


公演は東京・新国立劇場 小劇場にて、1月26日(日)まで。お見逃しなく!



チケット情報はこちら

tribes14011305.JPGtribes14011306.JPGtribes14011307.JPG撮影:細野晋司


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7493

前の記事「龍と轟の"火花"に注目!?『風と共に去りぬ』開幕」へ

次の記事「【エントレ】地球ゴージャス『クザリアーナの翼』舞台動画が到着!!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ